【考察】バイクで峠を攻めたらダメな理由。じゃあどこに行けば良いの!っていう話。

またまたWR250Xに関係のない話です。

よくTwitterで話題になる峠を攻めるのが良い・悪いの話です。

先に書いちゃうと、僕は悪いと思っています。

程度はあります。けど、ほどほどにしようね。って話です。

そして、最終的に話すのは、サーキットに行こうよ。っていう話です。

スポンサーリンク





1.なんで峠を攻めたらダメなの?

単純明快に「危ないから」です。

知ってるよ!

と聞こえてきそうですが、まあ聞いてください。

何が危ないのか、一つずつ説明します。

1.1 物理的に、死ぬ

そう。転んで運が悪かったら死にます

だって人間だもの。

僕も良いカーブがあったらバンクさせたくなりますし、させます。

でも加減ってあるじゃないですか。

よく言われるタイヤの端が残るという、アマリング。

あれが消えるほど公道で走っているともう、危ねえなあって思います。

サーキットでも峠でも、同じ速度で走るなら倒さないで走れる方が上手いんですよ。

でもアマリングを気にするって速く走るために倒してるんじゃなくて、倒すために倒してるじゃないですか。

あなたがもし、アマリングを気にしていたらその発想がもう危険だということに、どうか気付いてください。

そもそも、ギリギリまで倒しているということは、ギリギリの状態で余裕がないということです。

公道は転ぶ要因がたくさんあります。

例えばカーブの先で

・濡れている箇所があった。
・落ち葉が落ちていた
・路面にギャップがあった
・路駐している車がいた
・先に走っていたバイクが倒れていた
・動物が出てきた

などの状況があった場合、ギリギリの状態から避けられますか?

もし、あなたがギリギリの状態で走っていて今まで無事でいたなら、上記の状態にたまたま遭遇していないだけです。

続けていればいつか上記のような場面に遭遇します。

さらに言えば、上記の状態で転んだ時、

・対向車がきていた
・ガードレールがあった
・カーブの先が崖だった

などの場合、運が悪いと死にます。

良いですか。大事なのでもう一度言いますが、

死にます。

これは現実なのでNew Gameできません。

いくら貴方がコイン(お金)を集めていても、キノコをたくさん食べていても、

あなたは1機しか持っていない
のです。

僕も峠でカーブの先のRが急にキツくなっていて転んだことがあります。

運よく生きていました。



「俺はそんな甘い気持ちで疾走(ハシ)ってんじゃねえんだよ…」

って人もいるかもしれません。

でもこれだけは言わせて。

公道で楽しく走るだけのためにどんだけのリスク背負ってるんですか?!

1.2 社会的に、死ぬ

そう。社会的にも死にます。

もし、運悪く警察が取り締まってたりします。

あなたが峠を気持ちよく70km/hで走っているとします。

その峠の制限速度が40k/hだとします。

このとき、速度を計測された場合、30km/hオーバーです。

たった30km/hオーバーです。

はい、では罰則を見てみましょう。

刑事処分
6点加点
6ヵ月以下の懲役(過失の場合は3ヵ月以下の禁錮)又は10万円以下の罰金。

良いでしょうか。

まず、刑事罰なので、前科です

刑事犯なので、立派な前科一犯です。

履歴書の賞罰に書かないといけません。

そして免許取ったばかりで点数マックスの状態でも免停です。

ほとんど罰金刑で終わりますが、80km/h以上のオーバーでは

略式裁判をせず正式に起訴され、懲役刑になった。
という裁判事例もあるようです。

ちなみに罰金刑で終わっても略式裁判で有罪判決を受けるので前科つきます。

バイク乗って、アクセル捻り過ぎたら前科犯
なんです。

峠を攻めてるみなさん、自覚はありますでしょうか…。

どうか冷静になってください。

いや、ほんと。何度も言いますが、

公道で楽しく走るだけのためにどんだけのリスク背負ってるんですか?!

という話なのです。

ちなみに自慢ですが僕はゴールド免許です。

前科ついても良いって人には何を言っても仕方ないと思うので、ここでブラウザを閉じてください。

2. じゃあどこに行ったらいいんだよ!

サーキットに行きましょう。

いやいや、
そうくるだろうね!

って思ったでしょ?

でも聞いてください。

峠がダメだからサーキットに行くんじゃなくて、サーキットが楽しいところだからサーキットに行ってほしいんです僕は。

要するに、単なる峠の上位互換がサーキットじゃないんです。

何が良いか、一つずつ説明します。



2.1 物理的に、死なない。

はい。

死なないは言い過ぎですが、死ににくいです。

さっき僕は言いました。

道の先が濡れてたら、落ち葉があったら、ギャップがあったら、路駐している車がいたら…

転んだ先にガードレールがあったら、対向車が来ていたら、カーブの先が崖だったら…

サーキットでそんなことはあり得ません。

サーキットは僕たちが払ったお金で、

・日々、路面整備をしています。
・先で転んでる人がいたら監視している人が旗で教えてくれます。
・カーブで転んだ先で怪我が大きくならないよう、芝のスペースを用意しています。

サーキットはみなさんが払ったお金で安全に走れるよう、考えうる努力をしてくれます

サーキットはお金が掛かるから峠に行く。

というのはあまりに安直です。

お金を払うだけの価値が、サーキットにはあります。

2.2 社会的に、死なない。

はい。

こっちは絶対死なないです。

たとえ貴方が隼で300km/h出してもサーキットなら捕まりません

そもそも、考えてください。

僕が乗ってた型落ちのYZF-R1(国内仕様)でも

1速で150km/h出ます。

はい。峠を考えましょう。

60km/h制限でも、90km/hで犯罪者の仲間入りします。

正直言って、90km/hじゃ1速のパワーバンドにも入ってないです。

そもそも法律を無視しても、150km/h出せる峠ってどこにあるんですかね。

これはR1に限った話じゃないです。

250cc~のバイクで犯罪者入りしないで本気で6速までブン回せる峠はないんじゃないですかね。

でも安心してください。

SSでも隼でもH2でも、6速パワーバンドまで使って300km/hをオーバーしても捕まりません。

もちろんそこまで回せるサーキットは限られますが。

ここまでは

峠にあるネガティブ要素が全部ないよ!

ってだけの話。

でも僕が話したいのはここからのポジティブな話!

2.3 楽しい。

はい。

楽しいです!

んなこたあ分かってんだよ!

って感じでしょうけど、まあ聞いてください。

峠で貴方はこんなこと思ったことないですか?

「このカーブ、この速度で入って大丈夫かな。」
「このカーブの先でRがキツくなっていたらヤバイな。」

で、その時の視界にあわせてブレーキかけて、アクセルを回してるはずです。

なんでこんなこと思うかっていうと、カーブの先が見えないからなんです。

でもサーキットはどうでしょう。

カーブの先どころか、サーキット全体がクリアです。

進入までの速度からブレーキング、アクセルの開け始めまで
全て、どのようなカーブかを把握した上で追い込めます。

それを1周数分のところをずーっと繰り返しです。

余裕があったなら、前の週より、

アクセルを長く開ける
ブレーキのかけ始めを遅くする
少し深く倒してみる

などの微調整を短い時間で何度も何度も行えます。

はっきり言って峠とは成長速度が違います。

タイムを計れば速くなってるのが分かりますし、

すぐに膝を擦れるようになります。

サーキットは安全だから楽しいだけじゃなく、

上手くなるから楽しいんです


2.4 速さは競わなくて良い。

ここまで長々語っておいて申し訳ないのですが、

僕はクッソ遅いです

分かる人には分かる基準で言うと、桶スポ50秒です。

高校生の100m走に例えると15秒後半くらいです。

男子20人のクラスで下から5番目くらいでしょうか。

こんなに調子乗ってるのに…

体感ですが、桶川スポーツランドに土日行って初/中級クラスを走っても

僕より遅い人は3人くらいしかいません。

ここで大事なことは、

遅くて怒られたことはないです!

もちろんサーキットでツーリングしてたら何か言われるかもしれませんが、速く走ろうとして遅い人は、

遅くても許されるところ
なんです。

そのために、タイムでクラスが分けられています。

不安な人はナップスや2りんかんがやっている走行会に行くと、サーキットを走るのは初めて。

という人向けの入門クラスを用意しています。

上記のように、まずは入門の人たちだけで走るイベントに行ってみるのもありです。

ツナギやグローブ、ブーツを格安でレンタルしています。

そこから始めるのもアリでしょう。

ツーリングタイヤのGN125で走ってる人もいるくらいです!

過去にハーレーやスクーターで参加している人も見ました。

バイクの種類で走行会に参加できないってことはないですよ!



2.5 ついでにアマリングが消える

最初の方でアマリングについて触れましたが、

サーキットを一度走るとどうでもよくなります

なぜか。

ゴリゴリに端まで溶けるからです。

峠でタイヤの端のヒゲがなくなったかどうか、とか気にしてるの馬鹿らしくないですか?

繰り返しますが、僕はクソ遅いです。

でもタイヤはこんなんなります。

スポンサーリンク



3. まとめ

峠を攻めている人は速くなりたいんだと思います。

実際、峠でも繰り返していれば速くなると思います。

でも、繰り返すだけリスク増します。

事故る確率が0.1%でも、

100回走ったらもう10%です。

1000回走ったら100%事故ります。

だから、サーキット行こうよ。

ということが言いたい記事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です