超簡単!WR250X/Rのチェーンメンテナンス方法!

チェーンの調整方法と清掃注油方法を纏めておきます!

特にオフロードを走るWR-R乗りのみなさま!オフを走ったらすぐ注油しましょう!砂でチェーンオイルはすぐぶっとんでいきます!

WR-X乗りのみなさまも、500kmおきくらいには注油しましょう。

そもそもチェーン調整や清掃ってなんで必要なの?ってとこから書きますので、不要な人は飛ばしてください。

動画もあるよ

チェーンとアクスルシャフトの注油/調整を動画にしてるよ。チェーンは6:40くらいから!

チェーンの調整/清掃ってなんで必要なの?

最初に「チェーンが伸びるから調整が必要!」と聞いた際、違和感はありませんでしたか?

私はありました。だってチェーンは金属で、ゴムのように伸びるパーツではないから。

でも実際に使っているとチェーンは長くなり、その分リアホイールの位置を後ろにズラしてチェーンの張りを調整する必要があります。

自分の勉強がてら、この辺のメカニズムを理解しておきます。

チェーン調整とは

出典:大同工業様

自分で説明の図を描こうと思いましたが、DIDさんの図が世界一わかりやすいので引用します。

「チェーンが伸びる!」と聞くと、チェーン全体が伸びることをイメージしますが実は違います。

チェーンの真ん中のピンが磨耗し、隙間が出ることを一般にチェーンが伸びると言います。結果的にチェーン全長は長くなります。

チェーンが長くなると当然チェーンが緩みます。そこでリアホイールの位置を車体後ろ側にズラすことで、チェーンの張りを強くします。

…というのがチェーン調整のメカニズムです。

けん

偉そうに語ってるけど、最近知ったぜ。

チェーン清掃とは

出典:大同工業様

例によって、DIDさんの図が世界一わかりやすいです。お時間のある方は是非見てください。

チェーン清掃とは文字通り、チェーンの掃除です。古いチェーンオイルを落とし、新しいチェーンオイルを注油します。

ただし、滑りを良くするためにチェーンオイルを注油するのではないことを理解しましょう。

最近のチェーンはほぼシールチェーンと言われる、潤滑油を封入したチェーンです。

潤滑油は封入されているので、通常飛んでいくことはありません。逆に言うと、チェーンオイルが届くこともありません。

チェーンオイルを塗布する理由は、チェーンの錆止めです。チェーンが錆びるとこんな順番でチェーンが劣化します。

  • チェーンが錆びる
  • 錆でチェーンのシールが傷つく
  • シールで封入されていた潤滑油が流れ出る
  • 潤滑が悪くなる
  • 摩耗が激しくなり、ピンが磨耗する
  • チェーンが伸びる(チェーンの寿命)

つまりマメな注油をして錆を予防すれば、チェーンの長寿命につながります。

※一部高級チェーンはゴールドメッキがしこたま施してあり、ほぼ錆が発生しないものもあります。

けん

偉そうに語ってるけど、最近知ったぜ(2回目)

以上を踏まえてチェーン調整、注油の方法やっていきましょー!

チェーン調整/清掃に必要なものリスト!

チェーン調整に必要なものを纏めておきます。

チェーン調整

27mmソケット

トルクレンチ

普通のレンチ

チェーン清掃/注油

チェーンクリーナー

清掃用ブラシ

チェーンルブ

あと歯ブラシとパーツクリーナーがあればOKです!

何もない人はセットを買っても良いかも。

WR250R/Xのチェーン調整方法

チェーンの調整方法を説明します。ちなみにサービスマニュアル推奨のチェーンの張りは、8~13mmのたるみです。張りすぎな気がするのでもう少し緩くて良いかも。

アクスルナットを緩める

まずバイクをメンテナンススタンドにかけて、後輪が回る状態にします。

そしたら27mm径のソケットを用意し、アクスルナットを緩めます。

ナットは緩めるだけ、外さなくても良いです。ちなみにこのとき使うのは普通のレンチ!トルクレンチで緩めちゃダメです。

チェーンの張り調整

次に車体左側のチェーン調整ナット①を緩め、②のナットを締めます。すると、チェーンが張ったり緩んだりすると思います。

チェーンを上下に動かし、8~13mmのたるみになるよう調整します。

ちょうど良いたるみになったら、車体左側のチェーン調整ナットを締めます。

このとき、赤丸のメモリがいくつになっているか確認します。私の場合は右から1つ目。

次に車体右側のチェーン調整ナットを調整し、左側と同じメモリになるようにします。

ここで左右のメモリが異なると、ホイールが斜めになってしまうので注意してください!

最後にアクスルナットを締めて完了!トルクレンチでトルクを測りながら締めましょう!

締め付けトルクは125Nmです。

これでチェーンの張り調整は完了!

WR250X/Rのチェーン清掃/注油方法!

チェーンの周りの清掃方法です。

フロントスプロケット周り清掃

せっかくなので前スプロケに溜まった汚れも落としましょう。

まずフロントスプロケットカバーを外します。赤丸3点のネジを緩めましょう。

しばらし外してない人は汚れがエグいので驚きます。私の1年分の汚れがコレ。ヘドロやんけ…。

フロントスプロケットカバーは2つのパーツに分解できます。ヘドロが塊になって取れます。

パーツクリーナーでガシガシ洗いましょう!ひどい汚れがつくので、使い捨て歯ブラシを使うのがオススメです。

フロントスプロケット周りの汚れもパーツクリーナーで落とします。

パーツクリーナーはチェーンのシールを攻撃してしまうので、なるべくチェーンにかからないように注意してください!

終わったらチェーンカバーを取り付けます。締め付けトルクは10Nmです。

チェーン清掃/注油

本題のチェーン清掃です。

「チェーンはメンテ不要!」的な諸説もありますが、超高級なメッキチェーンを使用している人以外は清掃/注油をしましょう。チェーンメーカーも推奨しています。

まずチェーンクリーナーを吹きかけます。

ガシガシ洗います。汚れがしつこい場合は一度落として、再度クリーナーしても良いかも。

強くやりすぎるとシールによくないので注意!

最後に注油します!さらっとで良いです。たっぷりつけても、どうせ遠心力でぶっ飛んで行きます。

これでチェーンの清掃/注油は完了!

まとめ!チェーン清掃は、愛である。

チェーン清掃の頻度は、バイクへの愛と比例します。

チェーンの寿命も大事ですが、マメに清掃されたチェーンは美しいです。意外と汚れたチェーンや錆びたチェーンは目立ちます。

けん

私のWRのチェーンはサビサビですけどね。

難しそうに見えるかもしれませんが、工具があれば簡単なので、ぜひチャレンジしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー