超簡単!WR250の外装の外し方

はい。WR250のカウルの外し方です。

どうせ他のブログに書いてあるだろ。

と思ってたんですが、詳しく書いてあるところあんまないんですね…。

猿でもカウル外せるように書きますので、分かりづらかったら言って下さい。追記します。

外す前の状態。

カスタムはされていますが、納車時の状態だと思って下さい。

ここから先、当たり前なのでいちいち書きませんが、

ネジは正対して反時計周りに回すと緩みます!

じゃあ順番に解説します。

スポンサーリンク



1. シートの外し方

まずシートから。

WR250Xの外装はシートを外さないと外れません。

バイクのシートを裏から覗き込むとこうなっていると思います。


丸で囲んだ2つのボルトを外します。

右側がボルトが付いた状態。

左側がボルトが外れた状態です。

ボルトを外したらシートが外れます。

バイクの下後ろに引っ張ると抜けます。


上に動かそうとしても爪が掛かっているので抜けません。

注意して下さい。

2. サイドカウルの外し方

次はシートすぐ横のサイドカウルです。

正式名称は分からないのでサイドカウルと呼ぶことにします。

最初にビスを外します。

サイドカウルはこの1点しかビスで留っていません

おい…大丈夫かヤマハ…。

赤丸のところです。


次にタンク側のゴムにハマっている所を抜きます。

手前に引く感じです。


次にテール側のテールカウルと爪で留っている所を抜きます。

右下に抜く感じです。


これは両サイド同じやり方です。

3. シュラウドの外し方

まず、タンクと締められているプラスネジを外します。

当たり前ですが、右シュラウドなら右、左シュラウドなら左だけで良いです。


次に、バイク前面についているネジを外します。

まずは右側から。

分かりづらいですが、上下で2点留っています。

少し長い六角の方が良いかもしれないです。

まずは下


そして上


次は左側

まずは下


次に上


次にシュラウドをバイクの前の方に引き抜きます。


…あ、逆かも。多分前ですが、前後試して下さい。

4. テールカウル

次にテールカウル

最初にゴムで留ったECUを外します。


このECU、バイクの命なので丁重に扱いましょう

ECUは今自由に動く状態。


次に、赤丸2点のボルトを外します。

次にテールカウルを上後ろに引っ張ります。

で、取れます。

5. フォークガード

フォークガードは左右とも3点で留っています。

注意ですが、間違えてキャリパーやフォークのネジを緩めると大変なことになります

そんなバカいねーよって思うかもしれませんが、気をつけましょう。


1点目


2点目


3点目
※バイクのテール側です。

左側も同様に3点外します。

左側だけ、ホース類がフォークガードと共締めになっています。

外します。

この2点です。



6. フロントフェンダー

フロントフェンダーは純正じゃないので、パーツリストの図を借ります。

この4点を外し、ヘッドライトと共締めのゴムキャップを下向きにこじって外します。


下から見るとこんな感じ。

4つのボルトがあるのが分かります。


ちなみにアチェルビスのフロントフェンダーの外し方は以下。

横のボルトを外して、


後ろに引きます。



スポンサーリンク



7. 完成

今の姿はこんな感じ。

丸裸です!


右から


左から


外したカウル群

うまく外れましたか?

カスタムには欠かせない外装の脱着。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です