【簡単!】WR250R/Xのアントライオンスライダーの取り付け方法

WR250R/Xを持っている人には有名なアントライオンのスライダーの取り付け方法です。

結構必須で取り付けた方が良いパーツです。

実際ノーガードで転んで、どこのスライダーが大事かって検証をしてみた記事があるので見て下さい。

【転倒検証】ガードなしで転んでみた。WR250にスライダー/ガードは必要か。 | WR250Xの説明書

WR250R、WR250Xにスライダー、ガードは必要か?実際にサーキットで転倒してみました。実際に傷ついた箇所を見て、どのパーツがあれば傷を防げるのか考察します。

特にリアアクスルスライダーは必須ですね!

スライダーはアントライオン製でフロント、リア、ボディの3点全て買いました。



1. ボディスライダー取り付け方法

まずは一番簡単なボディスライダーから。

ボディスライダーはエンジン下にスライダーを通し、両側からボルト留めるだけです。

ただ、両側でボルトを固定する必要があり、かつレンチが入りづらいので結構苦労します。

メガネレンチしかない人は、安いモノでもラチェットレンチがあるとかなり楽だと思います。(以下はAmazonで1000円以下のもの)

私は片方をラチェットレンチ、片方をラジオペンチでネジを固定し、締め付けました。

以下はフロントアクスルスライダーの取り付け写真ですが、こんな感じ。

取り付けが完了するとこんな感じ。工具が揃っていれば特に苦労するところはないと思います!



2. アクスルスライダー取り付け方法

次はホイールの中心に付けるアクスルスライダーです。

ホイールが回る軸になる棒をアクスルシャフトと言い、そこのスライダーなのでアクスルスライダーです。

以下、私のように中古で買ってバラバラに届くと、どのパーツがリア/フロント用か分からなくなりますので、そこから整理しましょう。

以下の写真の上半分がリア用、下半分がフロント用です。

(棒が長い方がリア用、短い方がフロント用)

スライダーをよく見ると、中心の穴の大きさが違います。

これは、フロント用とリア用で、アクスルシャフトを留めているナット(=アクスルナット)の大きさが異なるためです。

リアの方がアクスルナットが大きいため、中心の穴が大きい方がリア用、小さい方がフロント用になります。

2.1 フロント

フロントのアクスルスライダーから取り付けていきます!

antlion アントライオン ガード・スライダー フロントスライダー カラー:ブラック[BK] WR250R WR250X

まず、穴の開いたスライダーを外し、アクスルナットに嵌めます。

結構ジャストフィットなので、叩いてはめ込みましょう。

あとは棒を通してネジを締めるだけ。

ボディと同じく、両側を固定する必要があります。

ネジが締まれば作業はOK!次はリアです。

2.2 リア

最後にリアを取り付けます。

まずはアクスルナットにスライダーをはめ込みます。

そして棒を通してネジを締めるだけ。

これで装着はOK!

3. まとめ

転ばぬ先の杖、スライダーの取り付け方法でした。

難しい作業ではないのですが、どのパーツがどの位置のものか、理解しないと時間が掛かってしまいます。

※私は悩んで1時間ほどかかりました。

上手い人でも、転ぶ時は転んでしまいます。

ぜひ皆さんも保険の意味でスライダーの装着をご検討ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です