海外ツーリング

【インドツーリング】ロイヤルエンフィールドでインドを駆ける。オススメは個人旅行?ツアー?【海外ツーリング】

更新日:

はい。

台湾、モンゴルと行ったので次はインドです。

インド産となって長いロイヤルエンフィールドでインドを駆け抜けます。

ロイヤルエンフィールドのBulletは公式曰く、1955年からほぼ設計が変わっていないそうです。

ヴィンデージブーム全盛の現代で、新車のヴィンデージに乗れる
というわけです。

しかも後述しますが、めっちゃ安いです。

がしかし、治安の悪さ、詐欺の多さで有名なインド。

個人で行くのはちょっと気が引ける?実際のとこどうなの?

例によって個人旅行で行くか、ツアーで行くかの検討から始まります。

さて、どっちが良いのか。

ちなみに、結論から書くと私は個人旅行で行きます

1. 費用はどのくらい?

モンゴルの時と同様に前提は下記とします。

・月〜金で5日間有給を取得し、土~次週日曜の9日間の行程

・レンタルバイクは到着日~出発前日の7泊8日借りる

・飛行機は直行便

インドと言えばバックパッカーの聖地。

仕事を辞めて行く人や学生も多いと思いますが、あくまでサラリーマンの旅を前提として書かせてもらいます!

さあ、個人旅行とツアーでどのくらい差が出るのか…?

1.1 個人旅行の場合

航空機代:9万円 (12月の乾季、ハイシーズンの最安値)

レンタルバイク:18$ × 8日 = 1.7万円

ホテル代:4000円 × 9日 = 3.6万円

飯代:2000円 × 9日 = 1.8万円

ガソリン代:500L × 100円 = 5.0万円 (ガソリン代100円/L, 燃費20km/L 1000km走行想定)

その他雑費:3.0万円

合計:24.1万円


レンタルバイクやっす!


例によって道中壊れると嫌なので2017年式(1年落ち)のBullet350を選択してこのお値段です。

Bullet500だと22$/Day(左), Bullet350だと18$/Day(右)



ちなみに、このインドのバイク屋さん(リンク)に問い合わせたところ、

インドでは金属製キャリアは違法
のため付けていないそうです。

みんなタンデムシートに荷物付けるんですって。

必ずタンデムシート装備車両を借りるよう
にしましょう。

1.2 ツアーの場合

ツアー代:43-48万円

※ 航空機代、レンタルバイク代、ガソリン代など込み

その他雑費:2.0万円

合計:50万円

1.3 比較結果

結果はこんな感じでした。

個人旅行:約25万円
ツアー :約50万円


ツアー高い!


と思うでしょうか。倍ですもんね。

けど、それには理由があるのです。

2. 旅行内容の差

個人旅行とツアーで倍近く金額が違うわけですが、何がそんなに違うんでしょう。

半額がツアー会社の利益ってのは、考えられません。

要はどこに行き、どれだけのリスクがあるか、が違います。

個人旅行は、街と街を繋いで観光をしながら旅をする観光重視のツーリング。

ツアーは、高山病と戦いながら標高5000mを超えるヒマラヤに挑むアドベンチャーツーリングです。

もうこれはどっちがやりたいの?って話であって、どっちが良いという話ではありません

ヒマラヤも行こうと思えば個人でも行けると思いますが、

ヒマラヤは高山病になる恐れや、バイク屋/ガソリンスタンドがないなど、
リスクが伴いますので同行者が必ずいるツアーをオススメします。

ヒマラヤアタックした先駆者としてはYoutuberとして有名なノンアルコールライダーさんが動画上げてますね。

勝手に貼るとこちら(リンク)

ノンアルさんのこれも私のモンゴルツーリングと同様にクルーズインターナショナルさんのツアーです。

これはこれでやりたいんですが、せっかくインドに行くならタージマハルとかガンジス川とか行きたい!

だから、街と街を結びつつ間の田舎道を楽しむツーリングにしようかなと思っています。

ルートの提案は現地レンタルバイク屋がしていたりもします(リンク)

今回は個人旅行で一人なので危険度は増しますね…。

コレまで台湾一周、モンゴルと走りましたが、一番危険かもしれません。

3. ベストシーズンは?

インドは不思議な国です。

国がとても広く、一概なベストシーズンというのは存在しません。


その国土をわかりやすく言うと、

西端をイギリスに合わせると東端はモスクワに届き、
北端をスウェーデンに合わせると南端はアフリカ大陸に届きます。


インド、でかすぎるぜ…!

最初は1周したいとか思ってたんですが、

1周すると走行距離が2万キロとかになります。


仕事やめたらやるわ…。


話を戻すと…

インドの一般的な旅行のベストシーズンはいわゆる乾季となります。

南側で11月~1月、北側で11月~2月です。


しかし、ヒマラヤとなると全く逆になります。


7月〜9月がベストシーズンです。


というのも、レーなどを代表とするヒマラヤの絶景都市に行くためには

標高5000mを超える山を走り抜けなければならず、


夏以外の季節は雪が残り、バイクで走るのは困難です。

4. まとめ

どうでしょう。

インドは割とレンタルバイクの難易度は低いです。


昔のロイヤルエンフィールドは、

右側にシフトペダルがあったり、


キックしかなかったり、


と癖が強かったようですが、今は他のバイクと同じ仕様のようです。

念のため試乗してきましたが、左シフトでセルスタート、ABSまで付いていました。



航空券は安く、日本人が多く旅をしているためナレッジもあります。

しかし、詐欺や盗難が多く注意が必要な国です。

行くときは自己責任で行きましょう!

-海外ツーリング
-

Copyright© WR250Xの説明書 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.