写真

【バイクの撮り方】-バイクとカメラの相性が良いのはなぜか- (初級者向け)

更新日:

写真の撮り方…かは分かりませんが、第6弾。
なんというか、考察のような回です。
バイクと写真の相性はなぜ良いのか、を考えていきます。

1. 写真を撮る上で大事なこと

私は、普通に風景を撮ったり、物を撮ったりするのが好きです。
街の風景が主題のフォトコンテストに応募し、ありがたいことながら受賞したりもしたことがあります。
工場夜景や、
bike_photo01.jpg
風景や
bike_photo03.jpg

bike_photo04.jpg
これらを撮っていると思うことがある。
あれ?なんかネットで見たことある。
と。
そう。これらの写真は、そこに行けば誰でも撮れるんです。
大事だからもう一度言います。
設定次第で、天気次第で、季節次第で、誰でも撮れる。
そして、僕より上手く撮る人は、世の中にたくさんいる。
それは機材の差であり、感性の差であり、ロケーションの差です。
仕方ないです。
仕方ないですが、それではつまらない。
カメラをやるなら、写真を撮るなら、
たとえそれがスマホでも、誰にも撮れない物を撮るべきだと、僕はそう思っています。
誰にも撮れない物を撮る?
そんなことが簡単にできるだろうか。
できます。
そう、僕らには最高のモデルがいるのだから。
なんとなく分かったかもしれませんが、次でバイクと写真の相性がなぜ良いのか書いていきます。

2. バイクという、モデル

自分のバイクは、世界に一台です。
たとえドノーマルだったとしても、本当に同じバイクなんて一台もありません。
他人との差がカスタムだって良い。
傷だって良い。
ステッカーが一枚貼ってあるだけでも、それは世界に一台だけのバイクです。
そして、自分のバイクが入れば、
工場夜景の写真も
bike_photo07.jpg
風景の写真も
bike_photo05.jpg
街の写真も
bike_photo06.jpg
全て世界に一枚だけの写真になります。
自分のバイクで自分がどこかに行った写真は、ネットには落ちてないですから。
世界に一枚の写真を簡単に、そして愛着のあるモデルで作れる。
だから、バイクと写真の相性は良いのです。
え、それ、バイク乗りじゃないの人はどうしてんの?
と思うかもしれません。
バイク乗りじゃない人も、当然上記のような疑問を持って、オリジナルの写真を撮りたいと思ったりします。
すると、行き着く先は次です。

3. 生き物という、モデル

人や動物を撮ることが、最も簡単で大衆的なオリジナルの写真を撮る方法です。
旅先や日常で、その瞬間を切り取ることで、他人には真似できない写真を生み出すことができます。
猫や
bike_photo08.jpg
狐や
bike_photo09.jpg
もちろん、人でも。
bike_photo10.jpg
そしてお気づきだろうか。
これは、バイクと組み合わせられる。
なぜなら、バイクは人が乗らないと動かないから。
例えば旅先の出会いも
bike_photo02.jpg
キャンプ場での一枚も
bike_photo11.jpg
ツーリング先での一枚も。
bike_photo12.jpg
人が写ることでよりオリジナリティが増します。

4. まとめ

どうでしょうか。
僕なりにバイクと写真の相性がなぜ良いのかを考察した結果、
バイクというモデルがいることで、写真が世界で一枚の物になるから。
という結論でした。
(たぶん、共感できない人もいるでしょうけど…)
バイクという恵まれたモデルを持つ僕たちが、写真に惹かれるのは必然かもしれません。

-写真
-

Copyright© WR250Xの説明書 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.