超簡単!WR250Xのシフトペダル交換!

ワタクシ、先日サーキットで転びました。

今度は筑波サーキット、1000のコース唯一の左コーナーでスリップダウンです。転ぶ5分前がこちら。

けん

こういうことしてるから転ぶんですね。

左のシフトペダルが曲がり、クランクケースに干渉しました!ギアが上らない状況に!

クランクケースが削れちゃってます。なんてこった・・・。

シフトペダルを換えざるを得ないため、換えかたを残しときます。

動画もあるよ

動画の方がネジの位置とか分かりやすいかも。

おすすめシフトペダル!

(2021/3追記)さらに何回も転び、ZERO-Gのシフトペダルも逝きました。今はZETAのリボルバー付けてます。

本記事で登場するZERO-Gは生産終了しました…。悲しすぎる。

ちなみに、純正は5300円しますが、社外品は4400円〜なので社外品買った方が絶対得です。

ZETA 鍛造シフトレバー

Amazon価格で純正より1000円近く安いのに鍛造で強度が高い。そしてカッコいい。

完璧である。迷う方はこちらを買えば間違いないです。

ZETA リボルバーシフトペダル

ZETAの上位モデル!純正と同じ値段で先端だけ変更も可能!

私はよく転ぶのでこちら。600円で先端パーツだけ買えます。既に先端を一回変えました。

Hammer Head シフトペダル

ZETAが在庫切れになった際はHammerHeadもオススメ!少し値段はしますが、質感は抜群に良い。

純正シフトペダル取り外し

まず純正シフトペダルの取り外します。

取り外しに必要なのは6mmの六角レンチのみ…ですが、思いの外強敵でした。

外した後の画像ですが、こんな感じでシフトペダルが固定されてると思います。

で、裏返すとこんな感じになってます。ごく普通の6mmの六角。

けどこれ、鬼のようなトルクで締まってる上にスペースがない

だから車載工具にあるような長さの六角レンチじゃ力が足りず回りません。※サイズの参考に指を写してます。

なので、僕はレンチのソケットを購入しました。

ソケットの先端が6mmの六角。

前述のKTMの六角レンチじゃ歯が立たなかったのが、ソケットレンチだと超簡単に外れました。偉大すぎる・・・。

ちなみに買ったソケットは下記。今ならなんとAmazonは34%オフ。ホムセンで200円高く買ってしまった・・・。

あとは下から覗き込むとネジ穴が見えるので、差し込んで下から見て逆時計方向に回すだけ。

ネジが外れたらフットペダル側にグリグリやるとシフトペダルが外れます。

けん

シフトペダル、前スプロケから跳ねたチェーンオイル浴びまくってオイルまみれです・・・。

新しいシフトペダル装着

で、新しく買ったシフトペダルがこちら。Zero-Gのシフトペダル。

ちなみに社外のシフトペダルは純正と違い、六角レンチではなくメガネなどで回すタイプです。

(ZERO-GとZETAはそうでした)

これはソケットレンチ持ってれば付いてくるようなソケットで締められますね。

元通りつけるだけなので説明はいらないと思います。

完成!

ひとまず、普通にシフトチェンジできるように直ったので満足でした!

2021/3追記 ZERO-G逝きました。

スリップダウンしたら先端が1/3くらいになりました…。

曲がりは少なく、クランクケースへの干渉もかなり少ないですが、予防交換します。ブーツ痛むし。

今はZETAのリボルバーシフトペダル付けてます。

先端が交換できる優れもの!これでもう転倒も怖くない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー