世界一詳しいMavic mini FlyMoreコンボと無印の違い【初心者向け】

Mavic MiniのFly More Comboを買いました。

が、買うときに調べても無印とFlyMoreComboの差が出てこない!

けん

こういう時のためのインターネットだろうが…何やってんだお前ら!

仕方がないので私が世界一分かりやすく纏めようと思います。

この記事を見れば絶対にFlyMoreComboが何なのか、どっちを買った方が良いのか分かります。

FlyMoreComboってなーに?

一言で言うと、ほとんどの人が必要であるオプションをセットにしたのがFlyMoreComboです。

無印のMavicMiniはほぼ本体だけのセットです。

予備のバッテリーもないし、持ち運びケースもないし、プロペラのガードもない。

それでは18分飛ばすたびにドローンに直接ケーブルを挿して充電し、次のフライトまで1時間近く待つことになります。

DJIのひと

色々買い足すの面倒だろうから、セットにしました!

というのがMavic Mini Fly More Combo。

この記事では具体的に何が違うのか、どちらを買えば良いのか説明します。

開墾しながら説明する動画があるよ

画像じゃ分かんねぇって人は、動画もあります。

結論、何が違うの?

けん

PV稼いで広告費稼ぐ目的じゃないから、いきなり結論を書くよ。

  • 赤枠がFlyMoreComboにしか入っていないもの
  • 青枠が無印にも入っているもの

内容物を一覧化してみる

内容物は以下の通り。

黄色マーカ―の部分がFlyMoreCombo無印の差異です。

内容物FlyMoreComboと無印の差異
MavicMini本体なし
コントローラなし
コントローラ予備ねじなし
コントローラ接続ケーブルなし
バッテリー無印:1つ
FlyMoreCombo:3つ
バッテリーハブFlyMoreComboのみアリ
充電用ケーブル(USB-B)無印:1本
FlyMoreCombo:2本
※バッテリーハブ用
予備プロペラ無印:1組(2枚)
FlyMoreCombo:3組(6枚)
プロペラガードFlyMoreComboのみアリ
ソフトケースFlyMoreComboのみアリ

FlyMoreComboはどのくらい得?

無印を購入後、FlyMoreComboの内容物を全て買うと、19,099円掛かります。(2020/9時点Amazon価格)

無印とFlyMoreComboの差額は10,102円であるため、FlyMoreComboは8,997円お得です。

FlyMoreComboだけ入っているもの価格
バッテリー 2つ9,460円
(4,730円×2)
バッテリーハブ4,290円
充電用ケーブル(USB-B) 1本110円
(ただの充電ケーブルだし100均でいい)
予備プロペラ 2組1,210円
プロペラガード1,870円
ソフトケース2,269円
合計19,099

2020年9月時点、FlyMoreComboと無印の価格はこんな感じ。

無印46,000円
FlyMoreCombo56,102円
差額10,102円

※最新の価格は実際にAmazon/楽天を見てください。

総括

結論、FlyMoreComboの内容物を後で買う可能性があるなら、絶対にFlyMoreComboを買った方が良いです。

繰り返しですが、無印購入後に全てバラバラで買い揃えると10,102円掛かります。

こんな人はFlyMoreComboが必要

FlyMoreComboの内容物が必要なら、FlyMoreComboを買う必要があることが分かりました。

しかし、「んなことは分かってんだよ!」って人が多いでしょう。

では、どんな人がFlyMoreComboを必要か、考えてみましょう。

長時間飛ばすひと

長時間飛ばす人は充電ハブとバッテリー×2があるFlyMoreComboを買うのが良いでしょう。

バッテリー1本で18分の飛行可能ですが、無印だと充電ハブがないため18分の飛行後にMavicMiniに直接USBを挿し充電します。その間飛行ができません。

無印にバッテリーを買い足すという方法もありますが、結局あまり得をしません。

一応以下に纏めてみました。

無印にバッテリー1つを買い足す場合を考える

バッテリー1つだけを買い足す場合は1,082円得になります。

1,082円の差額でもう1つバッテリー + ケースやプロペラガードなどが付くなら、そらFlyMoreCombo一択ですよ。

MavicMini無印46,000円
バッテリー1つ4,730円
バッテリーハブ4,290円
合計55,020円
(FlyMoreComboとの差額 -1,082円)

無印にバッテリー2つを買い足す場合を考える

バッテリー2つ買う場合は完全にFlyMoreComboを買った方が得です。

無印からの買い足しだと赤字です。

MavicMini無印46,000円
バッテリー2つ4,730円 * 2 = 9,460円
バッテリーハブ4,290円
合計59,750円
(FlyMoreComboとの差額 3,648円)

狭い場所で飛ばす人

狭い場所で飛ばす人はプロペラガードが必要でしょう。

また、ぶつけてプロペラを壊す可能性がある場合は、予備プロペラが多いのも嬉しいです。

バラで買うと4000円近くしますから、あと6000円で諸々付いてくるのを考えたらFlyMoreComboを買う方が良いでしょう。

ケースが欲しい人

純正ケースの作りがもの凄く良いです。でかいですが。

防水なのも嬉しいですね。

バラで買うと5000円近くしますから、あと5000円で諸々付いてくるのを考えたらFlyMoreComboを買う方が良いでしょう。

こんな人はFlyMoreComboは不要

もうFlyMoreComboのセットを持っている人

Mavic Miniは2機目なんだ!という人に多いのではないでしょうか。

既に充電ハブもあるし、予備バッテリーもある場合です。

まあそんな人はこのページ見てないでしょう。以上。

海外版バッテリーを使いたい人

FlyMoreCombo含め、日本版Mavic Miniについてくるバッテリーは1,100mAhです。

この要領は海外版バッテリーの半分以下です。

理由は、日本の法律(200g以下は航空法適用外)に合わせてバッテリーで重さを調整しているためです。

要はバッテリー要領を減らして軽くしているわけです。

バッテリー容量飛行可能時間総重量
海外版2,400mah30分249g
日本版1,100mah18分199g

「俺は1つのバッテリーで長時間飛行がしたいんだ!!」というアツい思いを持った人は、無印を買って海外版バッテリーを買い足すというのもアリです。

法律的には200g以上のドローンとして飛ばすことになります。

ただし、ドローン保険での機体登録は200g以下になります。それを200g以上で飛ばすので、事故ったとき何か不都合があるかもしれません。保険会社に訊いてね。

まとめ

以下の条件の人はFlyMoreComboが推奨

  • 一度で18分以上の使用がある人(バッテリーが2つ以上必要な人)
  • 狭い場所での利用がある人(プロペラガードが必要な人)
  • ケースが必要な人

以下の条件の人はFlyMoreComboは不要

  • MavicMiniが2機目でオプションが揃っている人
  • 海外版バッテリーを別買いしたい人

私自身がドローン初心者のため、誰にでも分かるように書けたと思いますがいかがでしょうか!

もし指摘などあればコメントください。修正します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です